利用者からの評価が高いフレッシュハウス【技術力の高さが人気】

部屋

バスルームを安全な場所に

室内

段差をなくし手すりを設置

バスルームは小さい子供や高齢者にとっては事故を起こしやすい場所です。そのため名古屋のバスルームのリフォームは、脱衣所とバスルームの間の段差を取り除いたり、手すりをバスルームの出入り用、バスタブの出入り用、洗い場で立ち上がる時用、バスルーム内の歩行用を設置し、すべての動作を安全に行えるようにすることが有効です。また、床からバスタブの縁までの高さは、高齢者でも楽にまたげる30〜50cmが適当です。床材は水で濡れても滑りにくい加工がしてあるものを選びましょう。尚、介助という点からすれば、1坪以上の広さが欲しいところです。毎日のバスルームの掃除は大きな負担です。そこで、掃除の負担を軽減するための様々な機能が開発されています。浴室乾燥機や防汚・抗菌加工してある壁、水はけがよく黴の原因となる水滴を残さない床などをリフォームで取り入れる名古屋のケースも多いようです。さらにシャワーヘッドをブラシに付け替え、水圧を利用して床や壁を磨くパーツなどもあります。また、名古屋のバスルームをリフォームするなら洗面室も一緒に綺麗にしたいところです。解体工事や電気工事などをまとめて行えるので別々にリフォームするより経済的です。名古屋の洗面化粧台はシステムバスと同様に機能性デザイン性ともに進化しています。化粧品や小物タオルを整理してしまえる収納が備わっているものや、キャビネットの扉に天然木を使ったもの、人造大理石の洗面カウンターで豪華に仕上げたものなど使い方や好みに応じて選択できます。